アメリカの経済が急回復・国家公務員のボーナス減額へ

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

アメリカ経済、急回復でも

multiracial students studying on netbook with notebook on steps
Photo by Keira Burton on Pexels.com

アメリカの経済指標の新規失業保険申請件数は、週間で19.9万件と52年振りの低水準となったようです。また、7~9月期の実質国内総生産(GDP)は、10月発表の速報値から0.1ポイント上方修正され2.1%増となったようです。ただ、ダウ・ジョーンズまとめの市場予想の2.2%増には届きませんでした。

また総務省が発表した10月の消費支出物価(PCE)では、変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数が前年同月比で4.1%上昇。1991年1月以来の約30年振りの高水準となったようです。さらに、食品やエネルギーを含む総合指数では上昇率が5.0%と、1990年11月以来の約31年振りに5%台をつけています。

国家公務員のボーナスを減額

政府は、人事院勧告を受け入れ、2021年度の国家公務員のボーナスを0.15か月分引き下げることを決めました。

減額は2年連続となり、2010年度に引き下げて以来の引き下げとなっています。

日本市場、米長期金利上昇を不安視

space grey ipad air with graph on brown wooden table
Photo by Burak K on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、471.45円安の29302.66円と大幅に反落しました。

前日のNY市場で、長期金利の上昇からハイテク株が売られたことを受けて、日本市場も売りが広がったようです。

今朝もアメリカの物価上昇率の大幅上昇や失業保険申請件数の低水準と今後の金融緩和縮小や金融引き締めが意識されてきていることで、先行きへの不安が高まるでしょうか

NY市場は、経済指標が好結果でも

今朝終わったNY株式市場は、3指数マチマチの結果となり、ナスダックとS&P500は上昇。

ダウ平均株価は、9.42ドル安の35802.17ドルと反落しています。

ナスダックやS&P500は、長期金利の上昇がやや一服した事で買いが入っていますが、ダウ平均株価は、25日の感謝祭を控えて買い控えと利益確定売りが優勢となったようです。

感謝祭後の年末商戦で、金余りの状況からどれくらいの消費活動が見えてくるでしょうか。ただインフレが進んでいることもあり、金融政策のかじ取りも難しくなりそうです。

広島・ファイナンシャルプランナー
ライフプラン相談・住宅ローン相談・セカンドライフ相談・資産運用相談・リスクマネジメント相談・終活に関する相談など各種相談もお待ちしております。

FP事務所 MoneySmith
マネースミス終活専用サイト
夢実現プランナー 吉野裕一

株投資セミナーの様子
安い時に買って高い時に売ると利益が出ると考える方は当然多いと多いと思いますが、思いと行動が伴わない事が多くあります。
いつ始めても失敗しない為の「株式投資ゲームセミナー」

ボードゲームで株取引を疑似体験できる体験型セミナー

お知り合いやお友達の方との少人数からでもお受けしております。

時事
スポンサーリンク
よろしければシェアをお願いします
moneysmithをフォローする
FP事務所MoneySmith

コメント