世界各国で石油備蓄放出、日本は初に・アメリカのコロナ感染者1か月で4割増

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

世界各国で石油備蓄放出・日本では初

an empty gas station
Photo by sergio souza on Pexels.com

アメリカのバイデン大統領は、現在の原油高によるガソリン価格の高騰に対して、5000万バレルの石油備蓄を放出すると発表しました。

アメリカの発表では、日本や中国、インド、韓国、英国なども強調して石油備蓄の放出を行うようで、日本は初めての事のようです。

ただ放出に対して、産油国が対抗措置として、減産に踏み切る可能性もささやかれているようで、今後の石油価格の動向にも注目で、価格が下がらなければ経済に対する影響も出てきそうですね。

アメリカでコロナ感染者数が増加

health workers wearing face mask
Photo by cottonbro on Pexels.com

欧州でもコロナの感染再拡大が不安視され、ロックダウンする町も出てきていますが、アメリカでも感染者数が増えているようです。

21日の新規感染者数が7日移動平均で約9万人を超え、1か月前と比べると4割増えているようです。

冬となり空気の乾燥でウィルスも感染力を高めているのでしょうか。

年内に再び感染者数が増え、行動制限を余儀なくされると、年末商戦への影響も大きくなりますね。ただ、ネットショッピングも浸透してきていることで、消費活動の変化も注目です

NY株式市場、金利上昇で金融株に買い

macbook pro on brown wooden table
Photo by Andrew Neel on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数マチマチの結果でナスダックは続落。

ダウ平均株価とS&P500は続伸となりました。

前日からパウエルFRB議長再任で安心感が広がっていることや長期金利上昇で利ざやの改善が期待され金融株に買いが入ったようです。

ダウ平均株価は、194.55ドル高の35813.80ドルで終わっています。

アメリカでは感染者数が増え、これから本格化する年末商戦への影響も気になりますが、今朝の続伸で日本市場も安心感が広がるでしょうか

コメント