4月の月例報告4か月連続で据え置き|3月の外食売上18.8%増

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

person holding clear drinking glass

4月の月例報告4か月連続で据え置き

政府が4月の月例経済報告をまとめ、国内の景気判断を「一部に弱さがみられるものの、緩やかに持ち直しをしている」と4か月連続で同じ表現で判断を据え置いています。

個人消費についても「緩やかに持ち直している」と判断を10か月連続で据え置いて、サービス関連の消費が回復をけん引していることや外食での消費も回復してきているようです。

3月の外食売上18.8%増

民間調査の3月の外食売上高が前年同月比で18.8%増となったようです。

コロナによる行動制限が緩和され、企業の送迎会や宴会が増えているようで、反動もあるのか、コロナ前からも1.5%増えているようです。

NY株式市場、地銀の資金流出へ不安高まる

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に下落となり、ダウ平均株価は、344.57ドル安の33,530.83ドルと3営業日振りの反落となりました。

決算発表が本格化する中で、地銀が発表した決算で大規模な預金流出が明らかになったことで、市場に不安が高まったようです。

また民間調査会社による4月の消費者信頼感指数も前月から2.7ポイント低下し、101.3と市場予想も下回ったことも拍車をかけたようです。

日経平均株価、好調な決算を受け小幅続伸

昨日の日経平均株価は、26.55円高の28,620.07円と小幅続伸で終わっています。

日本でも企業決算が発表され、好決算企業の発表で買いが優勢となったようです。

一時は年初来高値を超える場面もあったようですが、高値圏にあることで利益確定売りも多くなったようです。

今日はNY市場が軟調な結果で終わっていることやドル安に進んでいることで、売り先行で始まるのでしょうか。

広島・ファイナンシャルプランナー
ライフプラン相談・住宅ローン相談・セカンドライフ相談・資産運用相談・リスクマネジメント相談・終活に関する相談など各種相談もお待ちしております。

FP事務所 MoneySmith
マネースミス終活専用サイト
夢実現プランナー 吉野裕一

 

株投資セミナーの様子
安い時に買って高い時に売ると利益が出ると考える方は当然多いと多いと思いますが、思いと行動が伴わない事が多くあります。
いつ始めても失敗しない為の「株式投資ゲームセミナー」

ボードゲームで株取引を疑似体験できる体験型セミナー

お知り合いやお友達の方との少人数からでもお受けしております。

時事経済
スポンサーリンク
よろしければシェアをお願いします
吉野 裕一をフォローする
FP事務所MoneySmith

コメント