米長期金利2年振りの高水準に|NY市場はナスダック続落、ナスダック反発

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

米長期金利2年振りの高水準

white android tablet turned on displaying a graph
Photo by Burak K on Pexels.com

アメリカの長期金利が再び上昇してきました。

長期金地の指標となる10年物国債利回りが一時1.93%台となり、2年振りの高水準となりました。雇用統計で雇用者数の増加幅が市場予想を上回ったことで、米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化が前倒しになるという見方が広がり、債券の売りが広がったようです。

NY市場、ナスダックとS&P500反発

space grey ipad air with graph on brown wooden table
Photo by Burak K on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数マチマチの結果で終わっています

ナスダックとS&P500は反発、ダウ平均株価は21.42ドル安の35,089.74ドルと続落となりました

長期金利の上昇で金融株に買いが入ったようですが、引けにかけて売りが広がり結局、続落となりました

雇用統計で市場予想を上回っていることで、金融引締めの加速も意識されているのでしょうか

週明けから再び警戒感が強くなりそうです

日経平均株価、米株先物高で反発

architecture billboards buildings cars
Photo by Ben Cheung on Pexels.com

昨日の日経平均株価は198.68円高の27,439.99円で終わっています

前日のNY市場が反落していたことで、続落の展開と思われましたが、反落からの買戻しもあったようです。午後にかけては米株の先物が上昇した事などで買いが優勢となり、反発で終わったようです。

国内ではまん延防止等重点措置の延長や緊急事態宣言など、先行き不透明感が高まっていますが、市場はあまり反応していませんね

コメント