コロナ感染拡大で再びまん延防止等重点措置|日経平均が前日のNY市場を受け大幅反落

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

沖縄・広島・山口に今日にもまん延防止等重点措置適用

woman walking in the street during night time
Photo by Aleksandar Pasaric on Pexels.com

年末年始の新型コロナウィルスの感染状況が悪化している事を受け、沖縄が政府に対してまん延防止等重点措置の適用の要請をしたようです。

また広島県と山口県も政府に対して要請を行うようで、今日にも政府が適用を決定する見通しとなったようです。

昨年は広島県は、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言を政府に要請しても退かれていましたが、広島出身の岸田首相ということもあるのか、今回はすんなりと要請を通す見通しのようです。

やはり「またか」という落胆の声も多いように感じます。

年末年始の人の移動も回復してきたことが感染拡大に大きな影響を及ぼしているのは明確ですが、今後の感染状況や重症化などの状況も見ていかなくてはいけないですね

日経平均株価、アメリカの債券金利上昇で800円超えの急落

yelling formal man watching news on laptop
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、前日のNY市場がテーパリングや金融引締めの前倒しを受け下落していたことや米長期金利が急上昇した事を受け、844.29円安の28,487.87円と大幅に反落しました。

今日は自律反発を狙う買いも入ると思われますが、沖縄・広島・山口にまん延防止等重点措置が適用される見通しとなり、この流れがさらに全国に広がる可能性も予想されてくるようにも思います。

国内での経口薬の承認も近いと見られていますが、早く承認され利用できるようになることを切願するばかりですね

NY市場、金融政策の正常化加速に警戒感

city lit up at night
Photo by Pixabay on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に続落

ダウ平均株価は、170.64ドル安の36,236.47ドルと続落となりました

前日に引き続き、FRBの金融政策の正常化が加速することを嫌気した売りが多く出たようです。また長期金利の急上昇もハイテク株の売り材料となったようです。

今回の下げで、今後の金融政策の正常化は織り込まれたと思われますが、今後の経済の正常化がどれくらい進むのかも注目です

金利上昇が今後も不安材料となりそうですね

コメント