6月末の家計金融資産1992兆円と過去最高・ダウ続落、日経平均反発

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

6月末時点の家計金融資産、過去最高の1992兆円

日銀んが発表した、4~6月期の資金循環統計の速報値では、家計が保有している金融資産の6月末の残高が1992兆円と前年同月比で、6.3%増となったようです。

現金や預金は4.0%増の1072兆円で、現金が102兆円、預金が970兆円とともに過去最高となったようです。

新型コロナウィルスの影響で消費活動が抑制されていますが、ボーナスの支給もあり金融資産が増えたようです。

有価証券の株式っは30%増の210兆円、投資信託は29%増の89兆円とリスク資産も大きく増えているようです。

NY市場、3指数下落・FOMCの様子見

photo of person using laptop
Photo by fauxels on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に下落で終わっています。

新型コロナウィルスの新種株の感染拡大による景気減速への不安が依然として高いことや来週に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見ようとする様子見ムードが広がっているようです。

今回のFOMCでは注目されている年内のテーパリングが実際に提言されるかが焦点となっています。

金融緩和の継続となれば、再び買い勢いが戻ってくるでしょうか

日経平均株価、3日振りの反発

white android tablet turned on displaying a graph
Photo by Burak K on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、3日振りの反発となる176.71円高の30500.05円で終わっています。

節目の35000円を僅かに超えてきましたね。週明けに、利益確定売り先行で始まるのでしょうか

前日までに350円下げていたこともあり、買戻しが広がったようです。また、前日のNY市場の一部グロース株が堅調だったことで、日本市場でもグロース株に買いが入ったようです。

自民党総裁選挙も立候補が出揃い、今後は誰か総裁になったかで、また市場も動きますね

コメント