6月街角景気3ヶ月振りに改善・5月の経常収支83ヶ月連続黒字

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

6月の街角景気3ヶ月ぶりに改善

body of water near green trees
Photo by Timo Volz on Pexels.com

内閣府が発表した6月の景気ウォッチャー調査(街角景気)では、3ヶ月前と比べ景気の方向を示す現状判断指数(DI)が前月から9.5ポイント上昇し47.6と3ヶ月ぶりに改善されました

ただ節目の50は超えることができず、東京へ出た緊急事態宣言の再発令が、景気が冷え込むとの懸念を強めたようです

 

5月の経常収支、1.9兆円の黒字

cn tower
Photo by Nextvoyage on Pexels.com

財務省が発表した5月の国際収支状況の速報値では、海外との総合的な取引状況を示す経常収支が1兆9797億円と、83ヶ月連続で黒字となったようです。

民間予想は1兆8203億円と民間予想を上回り、貿易収支は20億円の黒字だったようです

 

 

4~6月期の GDP 成長率、小幅に上方修正

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

日本経済研究センターが発表した7月の民間エコノミストの経済見通しの「ESP フォーキャスト調査」では、4~6月期の国内総生産(GDP)の予想平均が前回の6月調査から小幅に上方修正され、前期比年率でプラス0.19%となったようです

個人消費はマイナスとなりましたが、その他の項目が僅かながらプラスのとなり、押し上げたようで

 

 

NY 株式市場、世界経済の鈍化懸念で反落

high angle view of cityscape against cloudy sky
Photo by Quintin Gellar on Pexels.com

今朝終わった NY 株式市場は、3指数ともに反落

ダウ平均株価は259.86ドル安の34421.93ドルで終わっています。依然として新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、世界的な景気回復の遅れが意識されたことや米長期金利の低下もアメリカ景気の減速の警戒材料となったようです

NY 株式市場はこれまで高値圏で推移したこともあるので、利益確定の売りにもつながったのでしょうか

 

スポンサーリンク

日本市場、東京の緊急事態宣言再発令で続落

illuminated tower
Photo by Nick Kwan on Pexels.com

昨日の日経平均株価は248.92円安の28118.03円と続落しました

アメリカで雇用を返すのに草が指摘されたり、屋内では東京都に4回目となる緊急事態宣言が再発令されたことで、国内景気の鈍化の警戒感が高まったようです

東京五輪・パラリンピックでも無観客の可能性も高くなり、五輪による経済への額も薄くなってきているようです

コメント