5月の失業率悪化・ナスダックとS&P500連日で過去最高値更新

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

総務省が公表した5月の過労働調査の完全失業率が3.0%と前月比で0.2ポイント上昇し、2ヶ月連続で悪化しているようです

また2020年12月以来の3%台となったようで、緊急事態宣言の発出で再び雇用が悪化しているようです

特に女性の失業率が増えているようです

 

 

NY市場3指数上昇、ナスダックとS&P500過去最高値更新

white android tablet turned on displaying a graph
Photo by Burak K on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に上昇し、ナスダックとS&P500は続伸で過去最高値を更新、ナスダックは9.02ドル高の34292.29ドルと小幅ながら反発

長期金利が低下した事や米消費者信頼感指数が市場予想より上回ったことが安心感を広めたようです

NY市場も金利への警戒感はあるものの今後の景気回復への期待もあり、まだ上昇余地があるのでしょうか

 

スポンサーリンク

日経平均、続落で29000円割れ

illuminated tower
Photo by Nick Kwan on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、235.41円安の28812.61円と続落となっています

インド型の新型コロナウィルスの感染が警戒感を高め、6月期末の配当権利落ち日でもあり、株価を下げたようです

昨日のダウ平均の下落の影響もあるようですが、今日はNY市場が3指数共に上昇している事や円安傾向が続いている事で、買い戻しの期待も出来るのでしょうか

コメント