2月の経常収支80ヶ月連続で黒字・国内経済指標の改善多く

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

2月の経常収支、80ヶ月連続で黒字

cn tower
Photo by Nextvoyage on Pexels.com

財務省が発表した2月の国際収支状況の速報値では、海外との総合的な取引状況を示す経常収支が2兆9169億円の黒字だったようで、80ヶ月連続で黒字となったようです。

ただ前年同月比では、1436億円の縮小となり、黒字幅の縮小は7ヶ月振りとなったようです。

中国からの輸入が落ち込んだ後の反動もあるようです。

 

 

街角景気、2ヶ月連続で改善

woman wearing mask in supermarket
Photo by Anna Shvets on Pexels.com

内閣府が発表した3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)では、街角の景気実感を示す現状判断指数の季節調整済みが49.0と、前月に比べ7.7ポイント改善したようです。

ただ先行き判断指数では49.8と1.5ポイント低下し、再び国内の新型コロナウィルスの感染が不安材料になっている様に見えます。

 

 

3月の消費者態度指数、昨年2月以来の高水準

restaurant man hands people
Photo by cottonbro on Pexels.com

内閣府が発表した3月の消費動向調査で、消費者心理を示す一般世帯の消費者態度指数の季節調整済みでは、前月比2.2ポイント改善となり36.1となったようです。

改善は2ヶ月連続で、昨年の2月以来の高水準となったようです。

株式や土地などの「資産価値」に関する意識指標が前月から0.9ポイント改善し、40.3と2019年7月以来1年8か月ぶりの高水準となったようです。

緊急事態宣言は解除されましたが、感染者数が増えていることで、4月の消費者態度指数は悪化するのでしょうか

 

 

日経平均株価、利益確定売りで小幅反落

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、21.81円安の29,708.98円と小幅反落となりました。

国内企業の決算発表を前に利益確定売りが優勢となったようです。

「まんえん防止等重点措置」を取る地域が増えそうになっていることで、景気の先行き不透明感も高まっていますが、景気回復への期待も高いのか下げ幅も限定的でした

 

 

スポンサーリンク

S&P500過去最高値更新、NY市場上昇

city skyline under white sky
Photo by 竟傲 汤 on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に上昇。

ナスダックは3日振りの反発となりました。

ダウ平均株価は、57.31ドル高の33,503.57ドルと続伸し、S&P500も続伸して過去最高値を更新しました。

アメリカの経済指標も改善をしていますが、パウエルFRB議長が「景気回復は不均一で不完全なままだ」と述べ、アメリカの経済が正常化が進んでいますが、金融緩和が続くという見方が安心感を広めたようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました