clubhouseが急伸・アメリカ経済成長率危機前超す予測

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

音声SNSの「clubhouse」が急伸

先日からSNSで、話題に上げる方が増えていた「clubhouse」が一気に普及しているようですね

昨年末、某セミナーに参加して、今後は耳から情報を得ることが普及するだろうという話を聞いていて、少しずつ普及するのかと思っていましたが、一気に普及してきました

しかし現在は、スマートフォンのosでもi.osのみの利用が可能ということで、私の様なandroidユーザーはまだ利用することが出来ません。

また1人2人まで招待することが出来て、招待されなければ登録がする事ができない様です。

この音声SNSは、どこまで普及し、どういった利用方法が出てくるでしょうか

 

 

アメリカ議会予測の2021~2030年の経済見通し、高成長

friends having a party
Photo by olia danilevich on Pexels.com

米議会予算局が、2021年~2030年までの中期経済見通しを発表し、2021年の実質経済成長率を4.6%と予測。

コロナ危機前のGDPを上回り、通年で見ると1999年の4.8%増以来22年振りの高い成長率を予測しています。

これまでと今後の金融緩和による、景気回復を見込んでいると思われますが、早い新型コロナウィルスの収束を期待したいですね

 

 

日経平均株価、大幅に自律反発

昨日の日経平均株価は、前日までの2営業日で1000円近くの下落もあり、自律反発を狙った買いが優勢となったようで、427.66円高の28,091.05円と1日で28,000円を回復しました。

今朝のNY市場も反発していることで、今日も期待できると思いますが、反発後の利益確定売りも出やすくなるのでしょうか

緊急事態宣言が2月7日で解除される地域もありそうですが、延長の地域も多くなりそうで、経済活動の再開の先送りで、景気先行き不安も浮上するでしょうか

 

 

NY市場反発、ナスダックは2%超の反発

silhouette photography of jump shot of two persons
Photo by Jill Wellington on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に反発となり、ナスダックは2%を超える反発となりました。

個人投資家の過熱銘柄の規制が緩和されましたが、過熱感も静まりつつあり、市場は通常の取引を取り戻してきたようで、ダウ平均株価は、229.29ドル高の30,211.91ドルで終わりました。

米議会が発表した経済予測は明日の市場にどう影響してくるでしょうか

コメント