新型コロナウィルスの変異種広まる・国内白物家電出荷額増加

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

イギリスを中心にコロナ変異種広がる

新型コロナウィルスのワクチンの接種が各国で始まり、安心感が少しずつ広まってきていましたが、イギリスからこれまでの新型コロナウィルスから変異をしたものが感染を拡大しているようです。

この変異種は感染力が強いとされ、イギリスからの渡航制限が各国で出されてきました。

また別の国では、この変異種とは違った種類の変異種も発見されているようで、この感染拡大とワクチンの有効性があるのか注目したいですね。

 

 

11月の白物家電出荷額増加、空気清浄機は過去最高

日本電機工業会が発表した11月の白物家電と言われるエアコンや冷蔵庫の国内出荷額が前年同月比で16.8%増加し、2011億円となったようです。

2ヶ月連続で増加し、11月としては過去5番目の水準となったようで、特に空気清浄機の出荷額が過去最高となったようです。

家庭や店舗でも空気清浄機を置くところが増えてきているのがよく分かります。

ルームエアコンも、リモートワークで自宅で仕事をする人が増えたことが影響しているのでしょうか。

その他、ゲーム機やパソコンなども好調なのでしょうね

 

 

日経平均株価、先週から続落

週明けの昨日の日経平均株価は、世界的に感染拡大が続いている中でイギリスから新型コロナウィルスの変異種が出たという情報が入り、不安が広まり、48.97円安の26,714.42円と前週から続落で終わっています。

ロンドンでは3度目のロックダウンとなり、イギリスからの入国を規制する国も増えてきています。

さらに別の変異種も見つかったようで、この変異種は感染力が従来の新型コロナウィルスよりも強いようですが、接種が始まったワクチンがどれだけ有効なのか注目ですね

 

 

一時400ドル割れのダウ平均

今朝終わったNY株式市場は、週末にイギリスの新型コロナウィルスの変異種の拡大の情報がひろまり、警戒感から大きく売られて始まりました。

ナスダックとS&P500は続落となりましたが、ダウ平均株価は、37.40ドル高の30,216.45ドルと一時は400ドルを超えて下げる場面もあったようですが、引けにかけて買い戻しがあり、反発で終わっています。

変異種への不安もあるようですが、追加経済対策への期待が買いを誘ったようです。

 

コメント