ビール売上2%増/全国的にオフィス空室率上昇

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

ビール4社、10月の売上2%増

10月から第三のビールが増税され、逆にビールが減税されたことで、第三のビールの売り上げが大きく減少し、ビールの売り上げが上がったようですね。

ビールの販売量は前年同月比で2%増と8カ月振りの上昇となったようです。

8ヵ月前はコロナ前で、多少景気も回復していたころとなっていましたが、今回は、景気が低迷していても、減税で売り上げが伸びていますね。

外出自粛で家飲みが増え、外食よりも安く済むために少し贅沢をしている方が増えているのでしょうか

 

全国的にオフィス空室率上昇

オフィス仲介の三鬼商事が全国各地のオフィス空室率を発表しています。

都心では、前月から0.5ポイント上昇し、3.93%となり、8ヶ月連続で空室率が上昇しています。

大阪のオフィス空室率も前月から0.18ポイント上昇し、3.14%と大阪でも6カ月連続で上昇が続いています。

名古屋では前月から0.34ポイント上昇となり、3.39%でやはり6ヶ月連続で上昇となっています。

今後、働き方も変わってくる傾向にあり、オフィスの利用がどうなるのかも見ていきたいですね。

シェアオフィスなどの様な形態のものも増えて来るのでしょうね。最近ではホテルを借り切ってカスタマーセンターにしている企業もあるようです。

 

中国地方の街角景気、6ヶ月連続で改善

内閣府がまとめている景気ウォッチャー調査(街角景気)では、中国5県の街角の景気実感を示す現状判断指数が55.9と前月から6.0ポイント上昇し、55.9と分かれ目の50を超えてきました。

2018年10月以来、50を超えていますが、改善は6カ月連続。

2018年10月からは景気に陰りも見えてきていたのも少し感じますが、今回の景気刺激策や金融緩和で大きく景気が回復していけばいいですね。

 

昨日の日経平均は8日続伸!しかし・・・

昨日の日経平均株価は、171.28円高の25,520.88円と節目となる25,500円もあっさりと超えた感じですね。

29年振りの高値で年初来の高値を連日で更新。

世界的な金融緩和が続く期待が高くなっているようです。

ただ、今朝のNY市場や海外市場が新型コロナウィルスの第3波の感染拡大への不安が高まっている事で、今日の日本市場は週末とあり、利益確定売りやリスクオフムードが高まる可能背もあるのでしょうか。

 

NY市場、3指数下落、コロナ感染拡大不安

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に下落となってしまいました。

世界的に再び新型コロナウィルスの拡大が広がっている事で、今後の経済への不透明感が高まっているようですね。

ダウ平均株価は、一時は400ドルを超える下げもありましたが、引けにかけて多少買い戻しがあり、317.46ドル高の29,080.17ドルで終わってます。

30,000ドルを目前に高値警戒感もあるのでしょうね。

ただ、パウエルFRB議長が「この先2~3ヶ月は厳しい状況になるかもしれない」と発言したことが、警戒感を高めてきていますし、これまでの過熱気味だった市場も大統領選挙の大きなイベントも終え、冷静になってくる可能性もありますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました