NEEDS予測の2022年度の実質成長率2.6%見通し|株式市場、依然として金融引締めへ警戒感高い

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

NEEDS予測の実質成長率見通し

seaport during golden hour
Photo by Tom Fisk on Pexels.com

2022年1月24日までに公表されている各種の経済指標の情報を織り込んだNEEDSの実質成長率見通しが発表されました

2021年度の実質成長率は2.6%、2022年度は3.4%の見通しのようです。

中でも2022年度の個人消費の実質成長率を4.2%見込まれています。新型コロナウィルスの収束や共存となると現在の金余りの流動が始まることが予測されているのでしょうか

日経平均株価、大幅反落

illuminated tower
Photo by Nick Kwan on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、457.03円安の27,131.34円と大きく反落しました。

前日の上昇やウクライナの地政学リスク、アメリカの金融引締めなど、前日からの利益確定売りや不安材料が多くなっていることで売りが加速したのでしょうか

国内ではさらにまん延防止等重点措置が広がり、国内の経済回復への不透明感も高まってきていると覆います。

NY市場プラスに転じる場面もあったが反落

city lit up at night
Photo by Pixabay on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に反落

引き続ききFOMCを前に金融政策の正常化の前倒しが意識されて売りが優勢となりました。しかし下げが拡大すると買戻しの場面もあり、ダウ平均は引け間際でプラスに転じる場面もありましたが、結局、反落で終わっています。

ダウ平均株価は、66.77ドル安の34,297.73ドルと34,000ドルを割り込む可能性もある水準まで下落しています

ただこれだけ警戒感が高まっていることで、次回の発表の内容によっては安心感が戻ってくる可能性もあるのでしょうか

コメント