11月の街角景気3ヶ月連続で改善し過去2番目の高水準に・10月の経常収支減少したものの黒字

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

11月の街角景気3ヶ月連続で改善、過去3番目の高水準に

marketing exit technology business
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com

内閣府が発表した11月の景気ウォッチャー調査(街角景気)では、3カ月前と比べた現状判断指数(DI)が56.3と前月から0.8ポイント改善し、2005年12月につけた57.5に次ぐ2番目の高水準となったようです。

現在はまだ完全に経済の正常化とは言えない状態ともいえ、変異株の猛威がなければ12月もさらに改善する可能性もありそうですね。

10月の経常収支、減少したものの黒字維持

seaport during golden hour
Photo by Tom Fisk on Pexels.com

財務相が発表した10月の国際収支統計の速報値では、経常収支が1兆1801億円の黒字となり、前月からは39.4%減少したものの、黒字は維持しています。

日経平均株価、景気期待が続き続伸

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、405.02円高の28860.62円と大幅続伸となりました。

29000円を目指す水準まで続伸しましたが、今日は期待できるでしょうか

前日のNY市場も続伸したことで、経済回復への期待も高まっていることやオミクロン株への不安が後退していることで買いが優勢となったようです。

10万円給付に対しても株価上昇の要因となるでしょうから今日も続伸となるのでしょうか

NY市場、オミクロン株不安は後退だが、急伸で利確

space grey ipad air with graph on brown wooden table
Photo by Burak K on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に続伸で終わっています。

これまで急伸したことで伸び率は縮小しましたが、オミクロン株への不安が後退していることで安心感が広がっているようで、ダウ平均株価は、35.32ドル高の35754.09ドルと僅かながら続伸

上値が重かったのは、前日までに1100ドル強の上昇があったことで利益確定売りが多く出ているようですが、それ以上に期待が大きくなっているのでしょう

コメント