マイナンバーカードの健康保険証利用10月20日から・FRB利上げは22年末を視野

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

10月20日から「マイナ保険証」本格運用???

10月20日から本格運用が始まる予定のマイナンバーカードを健康保険証として利用できる「マイナ保険証」ですが、マイナ保険証の認知度の低さや医療のデジタル化が遅れている事で、大半の施設で使う事が出来ない可能性が高くなっているようです。

22日に厚生労働省が開いた審議会部会で、全国約22万9000ある医療機関のうち、準備が完了している施設は12日時点で約1万3000と5%強しかなく、その中で既に利用が始まっている施設は3502と全体の1.5%に過ぎないようです。

またマイナ保険証として利用するには事前に申し込みが必要で、下記サイトで事前登録出来ますので、是非、準備をしておきましょう

マイナンバーカードの保険証利用|マイナポータル
マイナンバーカードが健康保険証として利用できます。利用するには、事前に登録が必要です。

FRB、テーパリングは11月に検討・利上げは22年末までを望む

man wearing gray blazer
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれて、パウエルFRB議長が記者会見を行いました。

注目は近頃の経済指標が少し軟調になってきたことで、テーパリングを年内に行うのか今回の発表は見送り11月になるのかという事でした。

内容は予想通り、今回の発表は見送られ11月の会合で決定する見通しを示しました。

またもうひとつ注目されている利上げについては2022年末には行いたいと前倒しする可能性を示唆しました。

ただ、これで年内のテーパリングはないと考えられますね

NY市場、3指数共に上昇

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に上昇

注目されていたテーパリングについての検討が11月に先送りされたことで、市場予想通りとなったことで安心感が広がったようです。

ダウ平均株価は、338.48ドル高の34258.32ドルと5営業日振りに反発しました。中国の不動産大手会社の経営不安も後退したことも買い材料になったようです

日経平均株価続落、祝日明けに期待?!

space grey ipad air with graph on brown wooden table
Photo by Burak K on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、200.31円安の29639.40円と続落となりました。

前日からの中国の不動産大手会社の経営不安からの売りが続いたようです。ただ、今朝のNY市場が不安が後退した事やFRBのテーパリングが想定内だった事で、安心感が広がったようです。

ただ今日は日本市場は祝日で休場となるため、祝日明けに期待できるでしょうか

今夜始まるNY市場が再び感染拡大への不安や利益確定売りが優勢となり反落すると今日の明るい材料も打ち消される可能性はありますね

コメント