アメリカの失業保険申請数コロナ後最低・貿易統計は輸出が過去最大に

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

失業保険申請件数、コロナ後で最低に

silhouette of four person with flag of united states background
Photo by Brett Sayles on Pexels.com

アメリカの労働省が発表した失業保険統計では8月22~28日の新規の失業保険申請件数が34万件と、前週から1万4000件減少し、コロナ後で最低を更新したようです。

現在は失業給付に上乗せしてがあるのですが、来週からは全州で失業給付加算が停止されるようで、さらに失業保険申請件数は減少する可能性はありますね。

現在はこの加算給付があるので、あえて失業給付の申請を行う人も多くなっているとも見えます。実質では雇用に関しては大きく改善しているのかも分かりませんね

アメリカの貿易赤字減少、輸出過去最大に

seaport during golden hour
Photo by Tom Fisk on Pexels.com

アメリカの商務省が発表した7月の貿易統計では、モノの貿易赤字が868億1900万ドル(約9兆6千億円)と前月から5.6%減少したようです。

またアメリカ外でもコロナワクチンにより、経済活動が再開されている国が多く、輸出も増えたようで過去最大となったようです。

アメリカでは国内の経済も回復し、貿易も回復している事で、経済成長に期待が高まりそうですね。

NY市場、3指数共に続伸、ナスダックとS&P500過去最高値更新

white android tablet turned on displaying a graph
Photo by Burak K on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に上昇

ナスダックとS&P500は、続伸で連日で過去最高値を更新しています。

ダウ平均株価は、131.29ドル高の35443.82ドルと他の指標と同じように過去最高値近辺で推移しています。

雇用統計の改善や貿易統計も改善している事で、景気回復期待が高まったようですね。

今後の金融緩和の出口戦略が緩やかに進めば、このまま株価を維持したまま推移していくのでしょうか

日経平均株価、4日続伸

illuminated tower
Photo by Nick Kwan on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、92.49円高の28543.51円と4日続伸となり、7月14日以来の約1か月半ぶりの高値となったようです。

前日のNY市場の続伸の影響で、日本市場でもハイテク関連株に買いが入ったようです。

前日までの3日で800円あまり上昇していた事もあり、利益確定売りも出たようですが、買いの勢いの方が勝ったようです。

今朝もNY市場は3指数共に続伸している事で、週末の金曜日ですが、日本市場もリスクオンムードが続くでしょうか

コメント