広島市「準宣言地域」一転、承認ならず・REIT高齢者向け施設へ投資

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

広島市、「準宣言地域」承認ならず

silhouette of a person standing on a wooden dock during sunset
Photo by Jeremy Dupuis on Pexels.com

先日、広島市が初めて市レベルでの「緊急事態宣言」に準じる宣言の要請を国にしましたが、その時は、申請し承認されるように考えられていましたが、その後、一転、承認はされませんでした。

これで休業補償などは、「緊急事態宣言」と同額とならず、広島県の水準での給付となり、店舗も困惑しているようです。

広島市は、要請後に感染者の収束が観測されてきていることで、国としては承認をしなかったようです。

ただ広島市は4区でPCR検査を全市民が受けられるようにしています。このPCR検査でどれだけの感染者数が発表され、どれだけ抑制が出来るか注目ですね

 

 

REIT、投資先を高齢者施設へシフト

senior man drinking hot beverage while sitting at table with books
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

今回の新型コロナウィルスの影響でリモートワークが加速し、オフィスの需要が減少する懸念が高まりました。

これまで資産運用を行う際に、REIT(不動産投資信託)の組み入れを提案してきましたが、今後の動きに対して、投資先の変更等はあると思っていましたが、2020年は高齢者施設への投資が増えてきたようです。

2020年の上場REITによる高齢者施設や高齢者向け住宅の取得額が729億円と過去最大となったようです。

これから高齢者住宅の需要は高まると思われ、いつまで高利回りの収益を確保していくかも注目ですね

 

 

日経平均株価、高値警戒感が強まる

airport bank board business
Photo by Pixabay on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、これまでの上昇により、200日移動平均から23.5%の乖離率となったこともあり、利益確定売りが取引開始直後から優勢となり、276.97円安の28,242.21円となりました。

ただこれだけ大きく下げても28,000円は維持していますね。

今朝はNY市場が休場だったこともあり、前日の中国の経済指標の結果や大きな下げの後で、買い戻しもあるでしょうか

 

 

コメント