アメリカの住宅事情好調に・消費者信頼感指数も4ヶ月振りに上昇

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

8月、住宅価格が前年比18.5%上昇

facade of aged residential building
Photo by Maria Orlova on Pexels.com

米連邦住宅金融庁が発表した8月の住宅価格指数が前年同月比で18.5%の上昇となったようです。

前月の19.2%から若干鈍化していますが、以前として高い伸びが続いています。

これから少しピークアウトするという見方もあるようです。

9月の新築住宅販売、14.0%増と6か月ぶりの高水準

white curtains on window wall
Photo by Leonardo Rossatti on Pexels.com

米商務省が発表した9月の新築一戸建て住宅販売件数が80万個となり、前月の70万2000戸から14.0%増となり、2ヶ月振りの増加で3月以来6か月振りの高水準となったようです。

アメリカでも給付金があり、収入が減らなかった人が多かったのでしょうか

10月の米消費者信頼感指数、4ヶ月振りの上昇

friends having a party
Photo by olia danilevich on Pexels.com

アメリカの調査会社コンファレンス・ボードが発表した1985年を100とした10月の消費者信頼感指数が

113.8と前月の改定値から4.0ポイント上昇し、4ヶ月振りの上昇となったようです。

また市場予想の108.0程度も大きく上回っています。

アメリカ経済が予想以上に回復から拡大してきているのでしょうか

NY市場、3指数共に続伸、ダウとS&P500過去最高値更新

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に続伸。

ダウ平均株価は、15.73ドル高の35756.88ドルと連日で過去最高値を更新して終わっています。

企業決算が市場予想を上回っていることが安心材料になっているようです。

また住宅関連の経済指標も好調もあるのでしょうね

ただテーパリングも意識されているのか、上値は重く上昇幅も限定的となっています。

日経平均株価、29000円超えの反発

cn tower
Photo by Nextvoyage on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、505.60円高の29106.01円と大幅反発となりました。

前日のNY市場が3指数揃って上昇した事で日本市場にも安心感が広がったようです。

また衆院選の先行き不透明感がやや後退した事も安心材料になっているようです。

今朝のNY市場が続伸していることで買い優勢で始まりそうですが、急伸の後で利益確定売りがどれくらい入るでしょうか

コメント