5月街角景気、2ヶ月連続悪化・21年の世界経済成長率5.6%

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

緊急事態宣言の延長で街角景気2カ月連続悪化

paper with closing notice attached to glass
Photo by Erik Mclean on Pexels.com

内閣府が発表した5月の景気ウオッチャー調査(街角景気)では、3か月前と比べた足元の景気の方向性を示す現状景気判断(DI)が前月より1.0ポイント低下し3時8.1となったようで、2ヶ月連続の悪化となったようです。

やり緊急事態宣言の延長が大きく影響しているようです

 

 

世界経済見通し2021年は実質成長率5.6%に上方修正

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

世界銀行が発表した世界経済見通しでは、2001年の世界全体の実質成長率は5.6%と予測され、前回1月の予想から1.5ポイントと上方修正されました。

アメリカや中国が高い経済成長予想となり、世界を牽引し「世界的な景気後退後では過去80年で最も高い成長率」とされたようです。

日本は2.9%と0.4ポイント上方修正されています。

 

 

日経平均株価、29000円意識され

space grey ipad air with graph on brown wooden table
Photo by Burak K on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、前日に29000円を回復していた事やNY株式市場でも上値が重かったことで、利益確定売りが優勢となったようです。

55.68円安の28963.56円と前日から小幅反落。

国内のワクチン接種も加速していたり、1∼3月期の国内総生産(GDP)の改定値が物価変動を除いた実質で前月比1.0%減の年率3.9%と5月に公表された速報値から1.2ポイント上方修正されたことなど、明るい話題も多かったのですが、株価へは反映されなかったようです。

ただ、国内にも明るい話題が増えてきている様に感じます。

スポンサーリンク

NY株式市場、ダウへ平均は続落

city skyline under white sky
Photo by 竟傲 汤 on Pexels.com

今朝終わったNY 株式市場は、3指数まちまちの結果となりました。

ナスダックと S & P 500は続伸、ダウ平均株価は30.42ドル安の30002を1599.82ドルと続落で終わっています。

少しずつテーパリングも意識されているのか、ダウは5月につけた過去最高値を意識されて上値が重い展開となっているようです

コメント