アメリカ失業保険申請、コロナ後最低更新・4月の転職希望者過去最多

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

アメリカ失業保険申請数、コロナ後で過去最低

multiracial students studying on netbook with notebook on steps
Photo by Keira Burton on Pexels.com

アメリカの労働省が発表した失業保険統計によると、9日~15日の週間の新規申請件数は、444000円と前週の改定値から34000件減少したようです。

減少は3週連続となり新型コロナウイルスが始まって以降、最も少なくなったようです。

 

 

2021年4月の中途採用求人倍率1.88倍に

2021年4月の中途採用求人倍率が、前月比0.02ポイント高くなり1.88倍となったようです

また転職希望者は2020年6月以降過去最高を更新したようです

求人数は前月比で見ると2.6%増え、新型コロナウイルス過で抑制していた採用を回復させてきているのがわかります。

 

 

日経平均株価値ごろ感から買い支え

white android tablet turned on displaying a graph
Photo by Burak K on Pexels.com

昨日の日経平均株価は小幅に反発し、53.80円高の28098.25円で終わっています。

前日に NY 株式市場が続落していることやビットコインが急落していましたが、これまでの下落で値ごろ感から買い支えがあったようです。

今日は NY 株式市場が反発していることやビットコインも反発していることで日本市場にも安心感が広がるでしょうか。

ただ国内では緊急事態宣言が沖縄にも発生されるようで、国内景気の先行き不透明感は高まっているとします

スポンサーリンク

NY 株式市場低下やビットコイン価格反発で買い

close up of coins
Photo by Pixabay on Pexels.com

今朝終わった NY 株式市場は3指数ともに反発しています。

長期金利が低下し前日に急落していたビットコイン価格が反発したことなど、投資家の過度なリスク回避性が和らいだようで、ダウ平均株価は188.11ドル高の34084.15ドルと34000ドルを回復して終わっています。

申請件数を優勝したことが安心感を広めたのでしょうか。

今後は景気回復への期待と金利上昇の不安が入り交じる展開となりそうです。

コメント