義理チョコなし⁈・生活保護申請昨年9月から1000世帯近く増加

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

今年のヴァレンタインは、義理チョコ減少

chocolate with milted chocolate on white ceramic plate
Photo by Pixabay on Pexels.com

2月14日のヴァレンタインに向けて、百貨店などでチョコレート商戦が始まているようです。

これからテレビなどでも多く取り上げられていくでしょうね

ただ、今年のヴァレンタインは、友チョコや義理チョコの需要が減少しそうのようで、本命と自分のご褒美用に少し豪華なチョコを売り出しているようですね

 

  

生活保護申請数が昨年9月から1000世帯近くの増加

厚生労働省の発表では、2020年10月分の生活保護申請数が1万8621件と前年同月比で1.8%の増加となっているようです。

ただ受給している世帯は、年々同月比からは0.1%減少し、ほぼ横ばいとなっているようですが、2020年9月からは969世帯増え、コロナショック前に生活保護から自立された世帯もあったようですが、新たに申請する世帯もふえたようです

 

 

12月の消費者心理、4ヶ月振りに悪化

内閣府が発表した2020年12月の消費者動向調査では、消費者態度指数(2人以上の世帯)が前月比で1.9ポイント低くなり31.8となったようです。

やはり、11月から新型コロナウィルスの感染再拡大が影響しているようで、悪化は4ヶ月振りとなったようです。

 

 

日経平均株価、4日続落・年初来反発できず

high angle view of cityscape against cloudy sky
Photo by Quintin Gellar on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、アメリカの上院決選投票の動向を見ながらの値動きとなりました

上院決選投票で民主党が勝利するという観測から、増税や規制強化が進みやすくなるという警戒感が高まり、102.69円安の27,055.94円で終わりました。

まだ辛うじて27,000円を維持していますが、今日発令される可能性のある緊急事態宣言で今日の相場は見込み薄となりそうですね

ただ今朝のダウ平均が再び過去最高値を更新して終わっていることが、どう影響してくるでしょうか

 

ダウ平均株価、過去最高値を更新、ナスダックは続落

今朝終わったNY株式市場は、まちまちの展開となりましたが、ナスダックは続落で終わっています

ダウ平均とS&P500は反発して終わっています。

ダウ平均株価は、437.80ドル高の30,829.40ドルと過去最高値を更新して終わりました。

上院決選投票で見ん湯藤候補が2議席ともに獲得した事で、追加経済対策やインフラ投資の拡大が見込まれるという観測から買いが優勢となったようですね。

ただバイデン次期大統領の正式決定が中断してしまい、また不安定な状態となってしまいました。

 

コメント