運転免許証とマイナンバーカード一体化へ・バイデン大統領確定へ

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

警察庁、運転免許証とマイナンバーカード一体化

警察庁が運転免許証とマイナンバーカードの一本化を進めるために、免許情報を読み取るスマートフォンを2万台追加配備をするようです。

今回の警察庁の買取は、今後、24年度末にマイナンバーカードと運転免許証が紐づけられることによるマイナンバーカードから免許情報を読み取る為のスマホを購入するというもので、まだマイナンバーカードから免許情報を読み取るアプリは開発されていない様です。

ただ、この開発はすぐに出来ると思われますので、今後のハイテク関連の成長はまだまだありですね。

 

 

アメリカ大統領にバイデン氏がほぼ確定

未だに正式にアメリカの大統領が決まっていませんが、実質で選挙人からバイデン氏が306人から選ばれていることで、バイデン新大統領がほぼ決定し、20日に正式に大統領に就任する予定となったようです。

アメリカも早急に船頭を決めて景気対策に動かなくてはいけない状態だと思いますので、早い決着が必要ですね。

 

 

GoToトラベル停止、経済活動制限で先行き不透明

昨日の日経平均株価は、44.60円安の26,687.84円と反落で終わっています。

新型コロナウィルスの感染拡大が先行き不透明感を高めていることやGoToトラベルが一時停止されたことや営業時間短縮要請などが各自治体で出されてきていることなど、全国的に消費活動へ制限が強化されていることで景気の鈍化に意識が高まっているようですね。

世界ではコロナワクチンの接種が始まっていますが、慎重な日本は来年からになる可能性もあり、今後の動向にも注目ですね。

為替が1ドル=103円台と円高になっていることも少し気になりますね。

 

 

NY市場、追加経済対策へ期待戻る

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に上昇して終わっています。

ダウ平均株価は、337.76ドル高の30,199.31ドルと30,000ドルを回復する大幅反発となりました。

ワクチンの接種が始まったことや追加経済対策の協議が進展するという見方が広がり安心感が戻ってきたようです。

ただ、与野党の合意が出来ていないという情報が流れると上値を重くしましたが、買いが優勢で終わっていますね。

ナスダックは続伸で過去最高値を更新して終わっています。

今後、正式にバイデン政権が発足し、このまま期待が続いていくでしょうか

コメント