オンライン診療解禁…【資産形成の相談はマネースミス】

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャルプランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

オンライン診療が解禁、恒久化

昨日からテレビなどでも話題が取り上げられていますが、現在、初診を含め特例的に認められているオンライン診療の解禁が検討されていますね。

電話での診療は対象外となります

現在、生命保険各社でも健康サービスで電話相談がありますが、今後、こういったサービスにもオンライン化が進むと感じました。

特に私も加入しているT-pecという期間の健康相談やセカンドオピニオンサービスでは、電話で対応する方がすべて医師の資格を持っておられる方なので、とても安心なサービスとなっています。

保険商品に付帯サービスとして付いている会社もありますが、入会費10,000円で加入できるサービスもあります。

ご興味がある方は、是非、ご連絡ください

当ページの問い合わせか、下記の終活専用サイトをご覧ください

MoneySmith終活サイト
終活に関するお悩みや準備に関する事は当事務所へ!

8月の実質賃金、6カ月連続で減少

厚生労働省が発表した8月の毎月勤労統計調査の速報値では、物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比で1.4%減となり、6カ月連続で減少となったようです。

残業代などの所定外給与が14.0%減と残業が減少していることが如実に出ていますね。

その反面、パートタイム労働者の比率は減少しているもののパートの方の時給は3.6%増となっているようです。

8月の消費支出、6.9%減

総務省が発表した8月の家計調査では、2人以上の世帯の消費支出が1世帯あたり276,360円と、物価変動の影響を除い実質で前年同月比6.9%減となったようです。

8月はお盆の帰省などがあり、消費支出は増える時期ではすが、今年は移動自粛で減少となったようです。

ただ7月の減少幅と横ばいとなっているので、巣籠り需要はあったと見えますね。

現在は、GoToキャンペーンや各自治体のプレミアム商品券の販売などが広がっているので、10月の消費支出は多くなっている様に感じます。

実質賃金が減少していも消費支出が減少しているので、タンス預金や銀行にお金が溢れている状態になってきているのではないでしょうか

婚姻・離婚届けでもハンコレス

政府が、婚姻届けや離婚届けにも押印廃止の検討をしていると、上川陽子法相が記者会見で明らかにしたようです。

現在、政府が民間から行政への申請手続きでも押印の原則廃止を進めていますが、この話題を見た時にハンコ業界からの反発がありそうだと感じました。

今では、銀行もネット時代になり、ハンコの無い口座も多くなってきています。さらに書類等にも押印が要らなくなればハンコ業界は大打撃ですね。

NY市場、経済対策への期待続く

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に続伸。

ダウ平均株価は、161.39ドル高の28,586.90ドルで終わりました。

トランプ大統領の追加経済対策の対策規模を「従来案から1兆8000億ドルへ増額し、再提案する」と報じられたことで、期待が高まったようですね。

ただ、SNSの投稿で混乱を招く大統領ですので、今後、また市場の腰を折ることも考えられるかも分かりません。

日経平均、利益確定売りで小幅反落

昨日の日経平均株価は、27.38円安の23,619.69円と小幅な反落となりました。

前日からアメリカで追加経済対策への期待が高まっていましたが、やや円高・ドル安に振れたことで売りが出たようですね。

今朝、NY市場が続伸で終わっていることが週明けまで維持できるのでしょうか

ただ国内のニュースを見ても、新しい生活に向けた経済の歩みが見えてきているように感じます

コメント

タイトルとURLをコピーしました