楽天ポイント利用はNG…【ライフプラン相談はマネースミス】

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャルプランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

楽天ポイントは、ポイント支払いに

現在、政府が行っている「Go To キャンペーン」

第1弾は、「Go To トラベル」でしたが、9月のシルバーウィークには、多く行楽へ行かれたのではないでしょうか。

しかし、この利用代金をポイントで払うにもテクニックがあるのです。

オンラインでの予約の場合、ポイントが貯まっていると、ポイントを使って、自己負担を少しでも少なくしようと思われる方も多いでしょうが、ここではポイントを使わない方がお得になるのです。

ポイントで支払いサービスを利用しよう

購入するときには、ポイントは使わず、使ったとしてもポイント付与の対象外となる100円未満の端数を使うようにします。

そうすると、楽天市場で購入するときの倍率でポイントが貯まります。

例えば、10,000円の商品を購入する場合、加算倍数が4倍であれば、400ポイントが付与されます。

しかし、ここで、1,000円分のポイントがあるので、1,000円分のポイントを使うと360ポイントの付与となります。

この時に、ポイントは使わず、毎月12日から最長24日までの間に、ポイントで支払いサービスを利用すると

10,000円で購入して、400ポイントが付与され、10,000円のうち、1,000円分をポイントで支払っても、40ポイント減ることなく、ポイントがもらえます

期間限定ポイントは使えない

ただ期間限定ポイントは利用範囲が決まっているために、通常の支払い時に期間限定ポイントは使えますが、ポイントで支払いサービスでは、この期間限定ポイントは利用できなくなります。

で、ここでもテクニックがあり、先程も書いていますが、100円未満がある場合にはポイントは加算されませんから、例えば10,190円などのように100円未満の請求がある時に、この期間限定ポイントを利用すれば、ポイントの付与はそのままで、ポイントで支払いサービスが利用できます。

まとめ

申込条件など、細かい条件もありますが、基本的には誰でも使えるサービスだと思います。

新型コロナウィルスの影響で、インターネットショッピングも多くなっていると思います。各社ポイントを付与するサービスが当たり前となってきている中で、うまく活用して、スマートバリューライフを送りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました