株式市場は依然としてアメリカの金融政策正常化への警戒感

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

日経平均株価、FOMC後にさらに売り加速

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、841.03円安の26,170.30円と大きく続落しました

前日にFOMCを終え、パウエルFRB議長が記者会見を行い、NY市場が取引時間中に反落し、終値で続落した事を受けて、日本市場もアメリカの金融政策正常化への警戒感が高まったようです

国内のまん延防止等重点措置の対象地域追加も先行き不透明感を高めたのでしょう

NY市場、買戻しがあっても売りが優勢

white android tablet turned on displaying a graph
Photo by Burak K on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数共に下落。ダウ平均株価とS&P500は続落となりました

取引時間中に値ごろ感から買いが入り、プラスで推移する場面もありますが、引けにかけて売りが優勢となり、下落で終了しています

ダウ平均株価は、7.31ドル安の34,160.78ドルと34,000ドルは維持して終わっています

長期金利の上昇に加え、市場の見通しの3月に0.5%の引き上げから年内に1.5%の政策金利の引き上げで、今後さらに株売りが継続するのでしょうか

コメント