電子ギフト券に本人確認義務課す・日経平均1ヶ月振り29000円台に

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

金融庁が電子ギフト券に本人確認義務

woman in white t shirt holding smartphone in front of laptop
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

電子ギフト券が各種出てきていますが、金融庁が電子ギフト券に本人確認の手続きを義務付ける方針を示したようです。

特に高額な送金が可能なことで、資金洗浄と言われるマネーロンダリングに対する強化が目的のようです。

1回の送金が10万円、1か月の合計が30万円を超える場合に、発行者に対して運転免許証などの本人確認を求めるようで、業界団体は「キャッシュレス化の進展を阻む」として反発しているようです

日経平均株価、1ヶ月振りの29000円台

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、392.70円高の29,069.16円と11月25日以来となる約1ヶ月振りに29,000円台を回復しました。

オミクロン株の発見で先行き不透明感が続きていましたが、重症化リスクの低さや経口薬の承認など明るい話題も増えてきていることで、海外市場も株価の回復傾向にあることで、日本市場にも安心感が広がったようです。

大納会まであと2日となりますが、さらに明るい話題が増え、30,000円を回復できるでしょうか

NY市場は、利益確定売りが優勢

space grey ipad air with graph on brown wooden table
Photo by Burak K on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、ダウ平均株価は5日続伸となりましたが、ナスダックと前日に過去最高値を更新したS&P500は反落となりました。

オミクロン株の感染拡大の経済への影響が限られてるという見方が広がり、ダウ平均株価は一時過去最高値を更新する場面もあったようですが、利益確定売りに押され95.83ドル高の363,983.67ドルと上値を抑えられて終わったようです。

ハイテク株中心のナスダックは利益確定売りが優勢となり、反落。

NY市場は今後の景気回復と金融引締めの交錯した相場展開となるでしょうか

コメント