NY市場ダウ反落、ナスダックとS&P500続伸・日経平均反発

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

NY株式市場、長期金利低下でハイテク株に買い

apple iphone smartphone desk
Photo by Pixabay on Pexels.com

今朝終わったNY株式市場は、3指数まちまちの結果となり、ナスダックとS&P500は続伸

ナスダックとS&P500は過去最高値を連日で更新して終わっています。

ダウ平均株価は、利益確定売りが優勢だったことや、長期金利が低下したことで、金融関連株の売りが出たようで、55.96ドル安の35399.84ドルと反落しました

ただハイテク株の買いもあり、ダウ平均の下値は限定的となり、ハイテク関連株の比率の多いナスダックやS&P500は続伸となったようです。

明日から9月となり、FRBの見解にも注目が集まってきますが、それまでに実体経済が力強い回復になるでしょうか

日経平均、海外市場高で買い優勢

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、148.15円高の27789.29円と反発しました

先週末のNY市場が3指数共に上昇していた事やアジア株式市場も堅調だったことで、日本市場も安心感が広がったようです。

日本市場は海外市場の影響を受けやすいですが、国内の経済の今後の動向には不安があり、新型コロナウィルスの感染拡大の収束が大切になります。

ワクチンや治療薬が出来てきて、以前にも言われていたウィズコロナとなっていく事も必要ですね

コメント