秋以降に消費税率5%に引き下げ検討・OECD経済成長率予想上方修正

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

野党は秋以降消費税率5%引き下げの勉強会を開始

tax season
Photo by Nataliya Vaitkevich on Pexels.com

今回の新型コロナウイルスの影響で経済が厳しくなっているのか、野党議員らによる勉強会で、今年の秋以降、消費税の税率を時限的に5%に引き上げるべきだとする提言を発表しました

経済活動が低迷している中で、消費税が引き上げられるのは良いことだと思いますが、果たしてで5%の引き下げで、どれくらいの影響があるでしょうか

 

 

OECD 世界経済成長率見通し上方修正

person using macbook pro on table
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

経済協力開発機構(OECD)が発表した2021年の世界の実質経済成長率が3月に発表された前回予測の5.6%から0.2ポイント上昇の上方修正し2021年は5.8%の成長率が見込めると予想しました

また2022年も前回の予測の4.0%から4.4%へ上方修正されました

全体的に上方修正されている中、日本は前回予測の2.7%から2.6%へ下方修正されています

日本はワクチン接種が遅れていることが要因の一つと思われます

 

 

5月の消費者態度指数、0.6ポイント低下

内閣府が発表した5月の消費動向調査によると、消費者心理を示す一般世帯の消費者態度指数が前月比で0.6ポイント低下し34.1となったようです

内閣は基調判断を「依然として厳しいものの、持ち直しの動きがついている」から「持ち直しのテンポが緩やかになっている」と下方修正されました

やはり緊急事態宣言の延長などが大きく影響していると思われます

スポンサーリンク

日経平均株価、利益確定売りが優勢に

illuminated tower
Photo by Nick Kwan on Pexels.com

昨日の日経平均株価は、前日に29000円を回復したことから、利益確定売りが優勢となったようです

289.33円安の28860.08円と大きく反落して終わっています

今朝は NY 株式市場は休場でしたが、今週発表されるアメリカの経済指標を前に買い控えもあったようです

今日は大きな材料もない中で買い戻しがあるでしょうか

コメント