出産育児一時金50万円に・臨時特別給付金をひとり親世帯に提言

みなさん、こんにちは

ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、終活に関する相談、節約術など総括的にプランニングします。

夢の実現プランナー
広島のファイナンシャル・プランナー FP事務所MoneySmithの吉野です。

出産育児一時金を50万円に

自民党の「出産費用等の負担軽減を勧める議員連盟」が政府に出産育児一時期金の増額を求める提言をまとめるようです。

出産費用の全国平均が50万円となっていることで、全国平均に合わせる形で50万円程度に引き上げるように要望するようです。

出産育児一時金も少しずつ増えてきていますが、少子高齢化で出産費用も高くなってきているのでしょうか

 

 

ひとり親世帯に臨時特別給付金の再給付へ

自民党の女性活躍推進特別委員会の森委員長らと菅首相が会談をし、特別委員会は予備費を活用し「ひとり親世帯」へ臨時特別給付金を再支給や再就職支援を要望したようです。

「ひとり親家庭の子供たちがしっかりお正月を迎えられるようにしてほしい」と森委員長が強調し、加藤官房長官は、「ひとり親家庭がおかれている実情を把握しつつ、適切に対応したい」と述べました。

 

新型コロナウィルスの第3波が広がる中で、年末に向けて雇用も減少する傾向になると苦しい家庭も増えてきそうですね。

 

 

ガソリン価格、10週振りに上昇

資源エネルギー庁が毎週発表している全国平均のレギュラーガソリン店頭価格が、前週比で0.6円高くなり、1ℓ=133.1円となったようです。

前週に石油元売り各社が卸値を引き上げたことが、値上げにつながったようで、10週振りの値上げとなりました。

ただ、再び行動自粛へとなると再びガソリン需要も減少する可能性がありますね。

 

 

10月のスーパー売上2.8%増

日本チェーンストア協会が10月の全国スーパー売上高の速報値では、既存店ベースで前年同月比2.8%増となったようで、衣料品が13ヶ月振りの増加となったようです。

食料品も引き続き伸びているようで、内食が依然多くなっていることもうかがえますね。

ただ、リモートワークなどが広がったことでスーツの売り上げは減少傾向にあるようです。

 

 

日経平均株価、ハイテク株を中心に買い

昨日の日経平均株価は、前日のハイテク関連株の多いナスダックが過去最高値を更新して続伸したことを受け、日本市場でもハイテク関連株を中心に買いが優勢となったようです。

3日続伸となる240.45円高の26,537.31円と約29年半振りの高値を連日で更新していますね。

ただ今日は、NY株式市場が感謝祭で休場となっていること週末金曜日ということもあり、利益確定売りが優勢となりそうですね。

世界的に新型コロナウィルスワクチン開発の進展が聞こえてくると景気回復への期待が高まりそうですが、国内では再拡大への不安が高まってきていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました